いずみ会は、旧都立大泉中学校・都立大泉高等学校の卒業生で構成される同窓会組織です

いずみ会

サイトトップ > お知らせ 
1247421
この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
いずみ会からのお知らせと、母校の行事で会員の皆様へお知らせしたいものを掲載しています。
サークル活動や同期会・クラス会に関するお知らせはそれぞれのページに掲載していますので、併せてご覧ください。
情報をお持ちの方はぜひお知らせください。
 
2024

6月16日(日)、池袋サンシャシンシティーで開催された「高校生花生けバトル2024 関東大会」に、母校高校1年生ペアが出場しました。
関東各地から15校30チームが出場した今大会、5分の持ち時間内に会場に用意された花材を使って即興で制作を行い、作品の出来栄え、制作の手際の良さ、制作態度等を競いました。
高校40期・塩田光昌(照)さん(いけばな草月流師範会理事)が指導をしている母校華道部から出場のペアは、舞台の上で駆け足で花材を集め、大きな花器に素早く花材を生けていく、一連のてきぱきとした動きは見ていき気持ちが良いものでした。出来上がった作品は十分に見応えのある力作でしたが、残寝ながら決勝に進むまでには至りませんでした。
舞台下から大きな声援を送っていた塩田さん、華道部顧問の玉腰先生、華道部の仲間に向かい、出場ペアは自らの作品を背にしながら満足した表情に満面の笑みを浮かべていました。
来年の大会での更なる活躍を期待します。
 
   
  「花生けバトル2024」会場の様子     母校出場ペアの力作
 

このページの先頭へ

new

2024

5月25日、練馬区勤労福祉会館で開催された、令和6年度定時評議員会、及び、その後開催の懇親会の模様です。

   
      評議員会場での議事審議         山川事務局長の報告
    
           懇親会での開会あいさつ(真柳理事)
     
     
             懇親会参加評議員 (卒業期別)

このページの先頭へ

new

2024

 5月25日(土)大泉勤労福祉会館多目的室に於いて、令和6年度定時評議員会を開催しました。以下に、定時評議員会の概要を報告します。
 ①
参加者
   ・開催案内数:374名 (定足数:124)
         郵送案内:118名、メール案内:256名
         宛名不明者の方:3名
   ・返信者総数:197名 (ハガキ:48名、メール:149名)
         出席者 開会時57名、終了時67名、
         委任状提出者(期日まで)125名
   ・評議員会開会時に182名の参加者で評議員会は成立した。

 ②
議事運営
   ・議 長 : 石川文武評議員(15期) 
   ・議事録署名人 : 茂木宏評議員(23期)、笠間功評議員(24期)

 ③
審議内容
  第1号議案「令和5年度事業報告並びに収支決算報告」
                         (山川事務局長、山本会計部長)
         「監査報告」          (水野監査役)
     (結果)賛成多数で承認

  *次年度事業計画に影響するため第3号議案を先行して審議した。

第3号議案「いずみ会規約及び規則の改正の件」 (山川事務局長)
     (結果)賛成多数で承認

第2号議案「令和6年度事業計画案及び予算案」
                         (山川事務局長、山本会計部長)
     (結果)賛成多数で承認

 第4号議案「いずみ会役員選任の件」    (山本選挙管理責任者)

 会長候補1名、副会長候補3名、理事候補12名、監査役候補3名の推薦が紹介された。

(結果)賛成多数で候補者全員を承認

総会後の懇親会幹事について
    「2の会」が担当し、令和6年10月26日に外部会場で開催予定

 
2)新任評議員(76期) 新任の評議員として以下10名を登録
     1組 : 伊藤咲和、内田旺佑
     2組 : 菅原大貴、中島怜愛
     3組 :遠藤義士、門倉菜々美
     4組 :有馬陸、中基央雅
     5組 :大友香琳、中原香遙

このページの先頭へ

new

2024

5月15日(水)青く澄み切った空の下、母校で令和6年度の体育祭が開催されました。
高校・各学年9クラス、中学・各学年4クラスの21クラスに、ニュージーランド姉妹校からの20名が加わり、青・桃・緑の3団に分かれてリレー等の競技、パフォーマンス等、父兄が見守る中での披露を繰り広げていました。

  
    前日の予行演習、全員整列     ニュージーランド生が参加しての玉入れ
                    (黒シャツがニュージーランド生)
  
  
  
  
     青・緑・桃、各団によるパフォーマンス、 競技の様子
         
ニュージーランドの姉妹校Blockhouse Bay IntermediateSchool)からの20名の生徒は、5月14日(火)から18日(日)まで中学Ⅱ年生の過程にホームステイしながら授業に参加するとのことです。
  
     来校したニュージーランド生、中学Ⅱ年生との授業

*写真は、学校ホームページより転載させていただきました
 詳細は、学校ホームページをご参照ください


   
            
   
   
 
 

このページの先頭へ


2024

令和6年度定時評議員会を5月25日(土)に開催いたします。
当日の討議資料を下記に掲載させていただきますので、事前にご覧いただくことをお願いいたします。
なお、評議員会への参加、及び、事前の議決権行使についての返信を、本ページ末尾の書式にて、5月20日までに下記あてにご返信いただきますようお願い致します。
    返信先 e-mail izumikai@v7.com  もしくは Fax 042-974-2045

  1.●令和6年度評議員会開催通知.pdf
  2.0)議案書表紙.pdf
           1)式次第.pdf
  3.討議資料
    第1号議案
      2)令和5年度事業報告.pdf
                 4)令和5年度決算書(収入の部).pdf
                 5)令和5年度決算書(支出の部).pdf
                 6)令和5年度決算書(対照表).pdf
                 7)令和5年度監査報告書.pdf
    第2号議案
                 8)令和6年度事業計画案.pdf
                 9)令和6年度予算案(収入の部).pdf
                 10)令和6年度予算案(支出の部).pdf
    第3号議案
      11)いずみ会規約及び規則改正の件.pdf
   4.その他
      13)令和6年度役員選任の件.pdf
                 17)令和5年度定時評議員会議事録.pdf
                 22)令和6年度評議員名簿.pdf
                 25)校歌・校友の歌.pdf       
   5.返信用書式
      返信文書式.pdf

 定時評議員会、懇親会へのご参加をお願いします。

このページの先頭へ


2024

昨4月9日(火)午前10時より、第82回大泉高校、及び、第15回大泉高校附属中学校の入学式が、新附属中学生159名(男子73名、女子86名)、新高校生112名(男子55名、女子57名)を迎えて挙行されました。
母校体育館で開催された式典では保護者の方々が見守る中、一人ずつ名前を呼ばれた後に学校長より入学許可を受け、更に、新入生代表からは新たな学校生活向けて期待に胸を膨らませた決意が表明されました。
外はあいにくの春嵐でしたが、式場内は新入生を迎える暖かい雰囲気で包まれていました。

   
      
            入学式式典会場、式典を飾る生花
        
           新入生を迎える桜並木と”花の絨毯”
 *写真は、母校HPからの転載です

このページの先頭へ


2024

4月9日(火)、生憎の雨風の春嵐でしたが、久し振りに満開の桜並木の下での入学式となりました。  
今年の桜並木の葉  4月9日(火)雨の桜並木、雨に打たれた花弁が”花の絨毯”となって、新入生を迎えてました。
  
 9日 正門前に並ぶ傘の列   8日の正門に咲く桜    8日 桜並木の掃除

4月3日(水)から5日(金)までの間、桜並木は一般公開されていました。
       
              4月3日、一般公開初日 
    
             4月5日 一般公開最終日

このページの先頭へ


2024

既に紹介をしていますが、母校附属中学校Ⅱ年生阿部良仁さんは「第107階日本陸上競技選手権大会/024日本室内競技大阪大会」U16男子60m種目でB決勝に進出、好成績を収めました。
今回、遠征費用の一部をいずみ会から支援したことから、大会に出場しての感想をお寄せいただきました。
来月中学Ⅲ年に進級、更なる目標に向かっての練習に意欲を燃やしています。
この夏開催の大きな大会での大活躍を期待しています。
いずみ会の皆さん、大きな声援をお願いします!

      大阪室内陸上に出場して
                 都立大泉高校附属中学校Ⅱ年 阿部良仁

今回の大会は、今までの人生での最大の挑戦だったと思います。スタートの前に立たないと分からない独特の雰囲気がありました。強い選手はみんな「こだわり」を持っていました。前日の練習を見ているだけでも選手一人一人の陸上に対する「こだわり」が感じられます。僕はあまり「こだわり」を持っていません。全国のトップで活躍する選手との差をまだ感じます。

 全国大会に出場してきた経験を大きな武器にして、これからの練習で僕なりの「こだわり」を見つけ、夏に行われる関東大会、全国中学体育大会に向けて一生懸命頑張ります。 

このページの先頭へ


2024

3月19日(火)、昨年11月8日(水)に引続き、母校高校生を対象とした「大学模擬授業」が開催されました。
前回は高校2年生が、今回は1年生が、大学から招聘した現役講師による大学での授業を実体験しました。50分の高校の授業に対して90分の講義、各大学の紹介に続いての各講師による実際に行われている講義、中には最先端の難しいテーマで難解な講義もありましたが、生徒達は熱心に耳を傾けていました。
この模擬授業体験が、生徒たちの進路を決める参考となることを期待しています。
なお、学校からは模擬授業講師として大泉卒業の現役大学講師の紹介を依頼されています。大学で教鞭を執られておられる方々の人材バンク登録、また、推薦をお願いいたします。

参考までに、開催された講座内容、講師を添付にて紹介します。
  2023年度 大学模擬授業開催実績.pdf

このページの先頭へ


2024

2024年3月16日(土)大泉高校附属中学校の第12回卒業式が挙行されました。
3月とは思えないような暖かく澄み切った青空の下、115名の附属中学生が巣立ちました。
3年前の入学式は、コロナ緊急宣言下で来賓・父兄の参列制限やマスク着用、その後の学校生活も例年の中学校生活とはかけ離れた厳しいものでしたが、今日の卒業式では充実した中学生活を終えた満足感に満ちた面持ちで卒業証書を受け取っていました。
卒業生代表の答辞には、厳しかった中学校生活を全員の力を合わせて乗り越えてきた自信と共に、先生方父兄への感謝の言葉が綴られていました。
来月9日(火)には大泉高校の入学式、晴れて希望に満ちた高校生として新しい一歩を踏み出します。高校生活で青春を謳歌することを期待しています。

  
     
     
   テニスコート南の河津桜は”葉桜”に  並木のソメイヨシノの蕾はまだ固い

このページの先頭へ